2006年09月12日

7人の侍〜素手で熊を倒す男〜

♪キ〜ンコ〜ンカ〜ンコ〜ン〜

さぁ授業始めっぞ〜。
って、誰もおらんやん!

まぁ最後の講義終わってからもう1週間以上経つんだもんな〜。
しゃーねーよなー。

でもオレは生徒が誰一人いなくなっても講義するよ。

さぁ集え塾生たちよ!今こそ妄想魂見せっときだぜ!!


あ、ごめん自己紹介まだだったね。

先生の名前は、
姓は長谷川、名はすぐるん。略してH×Sだ。ウソ!


ほんとは、スデクマでお馴染みの6Fの爽やか天使・新田です。

今日から金曜日まで、妄想塾の血を絶やさぬよう講義させてもらいますんで、
みなさんひとつよろしく頼みます。


さて、今回受け持つ講義ですが、テーマは『国語』です。
昨今、若者の活字離れが〜(中略)〜なのです!

ということで、今回みなさんには、
柔軟で素早い作文能力を身につけてもらおうと思います。
まずは、下の文章をお読み下さい。


------------------------------------------

『君といた夏』

僕の名前は長谷川すぐるん。
雨の街・松戸に住む27歳。
只今、資格取得に向けて受験勉強中。
ただ、どうしても気になる事があるんだ。それは・・・

A.幼なじみの麻子のこと。
B.おととい、駅前で起こった殺人事件。


------------------------------------------



みなさんお気付きになったでしょうか、最後がAとBの二択になってます。
まず最初にコメントしてくれる方が、A、Bどちらか選んで下さい。
そして次の人が、文章と選択肢を考え、また次の人がどっちか選ぶ。

そう、この物語を塾生同士で紡いでいきたいのです。

・期間は今から9月15日の午前中ぐらいまで。
・文章を考えてる間にコメントが被る可能性がありますので、事前にメモ帳とかで作成しとくと吉です。
・あとは一人で連続して物語を進めない事と、選択肢はあくまでも二択ってことで。
・あ、塾長もお暇なら参加してくださいな。

さぁ塾生たちがいったいどこまで戻ってきてるか心配ですが、
今いるメンツで時計の針をまた進めようではないですか!


※スデクマポイントはつきませんよ。
posted by H×S at 17:00| Comment(106) | 俺の名前はジャックバウアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
A.幼なじみの麻子のこと。

毎日毎日僕は勉強で忙しく頑張っているのだが、
ふと窓の外を眺めたりすると
頭の中によぎるのは

麻子の姿。

幼なじみのあいつ。
いつもいつも憎まれ口を叩く間柄。

でも一人でいるとき、
一人で頑張っているとき。

頭の中はあいつの姿でいっぱいになる。
恋なのか。それとも・・・。
僕はどうしたいんだろう。

A.会いたい
B.舞いたい
Posted by boban at 2006年09月12日 17:53
B.舞いたい
Posted by 新田さん at 2006年09月12日 18:18
舞いたいなら舞えばいい。
そうだ。舞っていいんだ。
ためらうことなく舞ってみた。
でもなんというんだろう。
僕の場合、舞うのと違う。
だって、僕の舞は・・・・

A.ヒップホップ
B.ヒップ丸出し変態ダンス
Posted by monta at 2006年09月12日 18:35
B.ヒップ丸出し変態ダンス
Posted by ももちぇ at 2006年09月12日 18:49
そう、ヒップ丸出し変態ダンス!

って、ちがーう!
僕は今すぐにでも麻子に逢いたいんだ。
試験を受ける前にどうしてもハッキリさせたい。
だから・・・

A.まずはケータイに連絡しよう。
B.盗んだバイクで走り出そう。

Posted by 新田さん at 2006年09月12日 19:03
B.盗んだバイクで走り出そう。
Posted by コーヒールンバ at 2006年09月12日 21:15
B.盗んだバイクで走り出そう。

そうだ!もういてもたってもいられない。
後ろからパトカーのサイレンが追ってくる。
かまうもんか!!
この気持ちは誰にも止められないさ。
あ、もうすぐ麻子の家だ。
部屋に電気が付いている。

A.麻子の部屋の窓に小石を投げてみる。
B.大声で「火事だー!」と叫んでみる。
Posted by ハニー at 2006年09月12日 22:19
A.麻子の部屋の窓に小石を投げてみる。
Posted by at 2006年09月12日 22:46
麻子の部屋の窓に小石を投げてみる。
コツーン・・・
あれ、反応がない。
じゃあ・・・

A.思い切ってブロック塀を投げ込む。
B.こっそり覗いてやれ♪
Posted by 新田さん at 2006年09月13日 00:37
A.思い切ってブロック塀を投げ込む。
Posted by boban at 2006年09月13日 00:41
A.思い切ってブロック塀を投げ込む。

っせーのぉーーー!!!
NOooooo!!!!
無理無理無理無理ムリだよっ!
ブロック塀の『ブロック』じゃなくてブロック塀の『塀』を投げるなんて、
ヘイ!これ重いぜ、YO、YO!麻子の思い出YO、YO、要チェケラッチョ!

A、今度はポチを投げてみる
B、二階の部屋の窓まで上ってみる
Posted by at 2006年09月13日 04:13
A,今度はポチを投げてみる
Posted by もちこ at 2006年09月13日 07:02
A.今度はポチを投げてみる

すぐるんはブロック塀をあきらめ、そばにいたポチを投げてみる事にした。

「をい!早くこっちに来いよ!ポチ!…あ!静かに!」

ポチはなかなかすぐるんのそばに寄らなかった。

「お前!僕の言う事が聞けないのか?!こっち来い!…て、あれ?」

ポチって…


A.ブーブークッションの中に入ってた笑袋
B.冥王星からやって来たプレデター
Posted by at 2006年09月13日 08:57
A.ブーブークッションの中に入った笑袋
Posted by ももちぇ at 2006年09月13日 10:50
ワーッハッハッハッハッ!ブゥー!
ワーッハッハッハッハッ!ブゥー!

わっわ、どうしよ。
音でかいよこれ…

ワーッハッハッハッハッ!ブゥー!
ワーッハッハッハッハッ!ブゥー!

えーい、もうしょうがない・・・

A.いいかげん、ピンポンする。
B.一緒になって笑い屁をかます。
Posted by 新田さん at 2006年09月13日 11:05
A.いいかげんピンポンする。
Posted by かずみん。 at 2006年09月13日 11:50
ピンポーン♪
ガチャッ

「あっ、麻子・・・」
「どうしたのこんな時間に?」

「じ・・じつは・・・」


A.ずっと前から麻子のこと好きだったんだ。
B.僕の作った味噌汁を飲んでくれないか。
Posted by 新田さん at 2006年09月13日 12:39
A.ずっと前から麻子のこと好きだったんだ。
Posted by 仁香 at 2006年09月13日 12:49
『ブッ!ブゥゥゥゥーーーー!!!』
麻子は思わず、夜食のうどんを吐いてしまい、すぐるんの顔はうどんまみれになってしまった・・・(汗

『あ、麻子・・・』

うどんまみれになったすぐるんを見た麻子は・・・

A.冗談は顔だけにしろよ!と、残りの汁をすぐるんの頭にかける

B.ご、ごめん!!いきなり変な事言うんだもん!と、モジモジしながらうどんを1本つづ片付け始める
Posted by とぅちゃん at 2006年09月13日 13:00
B.ご、ごめん!!いきなり変な事言うんだもん!と、モジモジしながらうどんを1本つづ片付け始める
Posted by 郁貴 at 2006年09月13日 13:03
ご、ごめん!!いきなり変な事言うんだもん!と、
モジモジしながらうどんを1本つづ片付け始める。
今までに見た事のない麻子の表情に、すぐるんまで赤くなった。

ちゅるんっ♪

麻子はすぐるんの顔に乗っかった、うどんを1本づつ口に運ぶ。
396秒かかり全てを食べ終わった麻子を見て僕は・・・

A.もう一度言う。ずっと前から麻子のこと好きだったんだ。
B.あ、ああさ、あさ、あさ・・・日を見に行かないか?
Posted by ももちぇ at 2006年09月13日 15:05
B.あ、ああさ、あさ、あさ・・・日を見に行かないか?
Posted by 新田さん at 2006年09月13日 18:28
「あ、ああさ、あさ、あさ・・・日を見に行かないか?」

ガッテーム!
やっと言えそうだったのに俺のバカバカ!

でも麻子はちょっと頬を赤らめつつ
「・・・うん」
とうなずいた。

ゆっくりと歩調を合わせながら歩く二人。
なにか話さないと・・・

A.麻子って…その…気になる人とかっているの?

B.麻子って…その…気になる木ってホントに気になってる?

Posted by もちこ at 2006年09月13日 21:41
B.麻子って・・・その・・・気になる木ってホントに気になってる?
Posted by ハニー at 2006年09月13日 21:46
「麻子って・・・その・・・気になる木ってホントに気になってる?」

「う、うん。ハワイにあるとこまでは突き止めたんだけど・・・」
「そっか、ハワイか・・・遠いな・・・」


A.「お願い!行くなって言って!」
B.「お願い!私をハワイに連れてって!」
Posted by 新田さん at 2006年09月13日 22:17
B、「お願い!私をハワイに連れてって!」
Posted by 麻 at 2006年09月13日 22:29
B「お願い!私をハワイに連れてって!」

…麻子…やっぱり 僕の事…金ヅルくらぃにしか思ってないんだね…

そう 思い少し悲しくなったが、

惚れてしまった弱みだろうか…
僕は 麻子に 満面の素敵笑顔で こう告げた。

A「君の笑顔は プライスレス!よしっ 行こうっ!ハワイ」

B「君のホクロ毛に ニップレス!!そんな 暇ねぇ〜んだY○!!!」
Posted by うきゃ at 2006年09月14日 01:53
「お願い!私をハワイに連れてって!」

「えっ・・・僕と?二人で?」
「そう、いいでしょ?お金はすぐるんが出してくれるよね?」

ちょっと待て!そこなのーっ!?
そんな心の叫びには目もくれず、麻子はすぐるんの前を歩き出す。
でも・・・いいや。麻子と旅行ができるなら・・・
「どこに行くの?」
「決まってるじゃない。それは」

A.思い立ったら即行動!航空券の予約にH.I.S営業所へ
B.ハワイ行きの準備にすぐるんの部屋へ
Posted by 小箱 at 2006年09月14日 02:37
私のおバカPCがうきゃさんのコメント読み込まなかったみたいです(汗)
すみませんが1つ飛ばしてください。

A「君の笑顔は プライスレス!よしっ 行こうっ!ハワイ」

Posted by 小箱 at 2006年09月14日 02:43
「君の笑顔は プライスレス!よしっ 行こうっ!ハワイ!

…って言っても『ニューハワイ』ぢゃないよ(笑)」
「ニューハワイって何処よ?」

「え?…それはその…えっと…。」
(まさかキャバレーだなんて言えないよな…
何て言って誤魔化そう…そうだ!)

A.最近の若者はハワイの事をワイハーって言うよね
B.最近の老人はクワイの事をクワイ河のマーチって言うよね
Posted by at 2006年09月14日 05:45
B,最近の老人はクワイのことクワイ河のマーチっていうよね。
Posted by もちこ at 2006年09月14日 07:27
「へ〜、そうなんだ・・・」
「・・・(汗」
「で、話は戻るけど、ハワイ連れて行ってくれるの?」
「もちろんさぁ〜!キミが行きたいところなら、青森だって秋田だって、岩手だって連れて行くよ!」
「いや!いや!私はハワイに・・・」
「そうだ!各地方の駅弁を買おうよ!きっと美味しいぞぉ〜♪」
「だから、私が言ってるのは・・・」
「ペナントって、まだ売ってるかなぁ〜?」
「・・・」

絶対に拒否ってるだろうと言うすぐるんの態度に、麻子は・・・

A.とっととお家へ帰る

B.「もう!ホント煩い口ね!」と、すぐるんの口を、自分の唇でふさぐ
Posted by とぅちゃん at 2006年09月14日 09:14
B.「もう!ホント煩い口ね!」と、すぐるんの口を、自分の唇でふさぐ
Posted by ハナ at 2006年09月14日 10:20
B.「もう!ホント煩い口ね!」と、すぐるんの口を、自分の唇でふさぐ


「あっ・・・」

すぐるんのファーストキスだった・・・

「ごめん、初めてなんだ・・・」
「私だって初めてなんだから・・・」


A.麻子はじっとすぐるんを見つめた。
B.すぐるんはそっと電気を消した。
Posted by 新田さん at 2006年09月14日 13:01
B.すぐるんはそっと電気を消した。
Posted by 郁貴 at 2006年09月14日 13:04
すぐるんはそっと電気を消した。

電気代がもったいないっ!
辺りはもう少し明るくなり始めてた。
「ちょっと外歩こうか。」
「うん。」
二人はちょっと照れながら歩き始めた。
なんだかちょっと肌寒い・・・。

A.すぐるんは麻子と手をつないだ。
B.麻子は「おじゃまします」とすぐるんのぽっけに手を入れた。
Posted by ももちぇ at 2006年09月14日 14:12
B.麻子は「おじゃまします」とすぐるんのぽっけに手を入れた。
Posted by boban at 2006年09月14日 17:16
「えっと…おじゃまします」
「えっ…」
突然僕のポケットに麻子の手が入ってきた。
「…あ、麻子??」
混乱する僕。
心臓が大きく波打った。
「えへへ…ぽっけ、あったかいでござる」
ござるって。
でも、今の僕にはそれがとてもかわいく見えたし、それが麻子のせいいっぱいの照れ隠しだと思ったんだ。
「ねえ、麻子」
「ん〜なに?」

A、振り向いた麻子に軽く触れるだけのキスをした
B、「…何で手、ヌルヌルしてんの…?」
Posted by 麻 at 2006年09月14日 17:55
B、「…何で手、ヌルヌルしてんの…?」
Posted by 郁貴 at 2006年09月14日 18:41
「あ、バレちゃった?」
ちょっと頬を赤らめながら上目遣いですぐるんを見る麻子。
「その手、何か握ってるね?」
「うん、すぐるんに食べてもらおうと思って・・・」
ポケットからゆっくり取り出した麻子の手の中には、
人肌で暖められたオクラが握られていた。
「オ、オクラ・・・・」
すぐるんの目の色が変わった。
「い、いや、百均のタッパに入れてこようと思ったのよ。
でも、おじいちゃんが明太子入れてたから
仕方なく手で握ってきたの・・・食べる?」
すぐるんは自分が唾を飲み込むのを感じてこう言った。

A:「大好物なんだ・・・キミの手と一緒に食べていいかい?」
B:「いや、このヌルヌル感をもっと楽しんでいたいんだ」
Posted by satoshi at 2006年09月14日 22:24
B「いや、このヌルヌル感をもっと楽しんでいたいんだ」
Posted by ハニー at 2006年09月14日 22:33
「うれしいよ。」
「えっ、なにが?」
「いやね、麻子とこうしてヌルヌルしながら朝日を見るのが夢だったんだ。」
「わ・・・わたしも・・・」

「麻子・・」
「すぐるん・・・」
二人がじっと見つめ合うと、

A.麻子がそっと目を閉じた。
B.麻子がさっと関節を決めた。
Posted by 新田さん at 2006年09月15日 00:34
B.麻子がさっと関節を決めた。
Posted by boban at 2006年09月15日 01:36
麻子がさっと関節を決めた。

「イデデデデデデデ・・・なにするんだい、麻子」
「あんた、ヌルヌル朝日見てる場合じゃないでしょ!」

「いいじゃないか、だって夢だったんだよ。」
「違ーう!今日は何の日か忘れたのっ!」

「あーーーっ!受験っ!」

すぐるんは、


A.麻子の手を引っ張って駅へ向かった。
B.麻子の手を引っ張って海へ向かった。
Posted by 新田さん at 2006年09月15日 08:38
B.麻子の手を引っ張って海へ向かった。
Posted by monta at 2006年09月15日 09:13
「こんなヌルヌルした手じゃ試験も滑っちゃうよ。」

そう言うと2人はお互いの手を丁寧に洗った。
優しく触れる手のひらがこそばしくて
2人してバカみたいに笑って洗った。

「ねぇ、試験・・・」
「うん、そろそろ行くよ。」

もう時間が迫っていた。
2人は知っていた。
このタイミングを逃したら次はないことに。

「あのさ、試験に受かったら・・」
その時すぐるんから出た言葉は

A.「幼なじみを卒業したい」
B.「オラ東京さ行くだ」
Posted by monta at 2006年09月15日 10:35
A.「幼なじみを卒業したい」
Posted by ももちぇ at 2006年09月15日 11:41
A.「幼なじみを卒業したい」

「わたし待ってるから。すぐるんが受かるまでずっと待ってるから。」
「あ、麻子・・・」

「これ、お守り。」

→ http://nittamontabobta.blog49.fc2.com/


 〜つづく〜


※ここでの物語はこれで終了です。塾長&塾生のみなさん、お守り受け取ってくださいね。
Posted by 新田さん at 2006年09月15日 12:13
おまもりぃ???
Posted by monta at 2006年09月15日 12:22
コラボだったのねん・・・
気づかなかった・・・
Posted by kome at 2006年09月15日 12:38
コラボってか、ひとりコラボってか、ブログジャックです。

※じゅくちょー!パスワードたいして難しくないから頑張ってよー!!
Posted by 新田さん at 2006年09月15日 13:40
さすがだな。
うまくまとめたよね?
うまい!!
みんなどこにその才能かくしてるのよ?
ええーー??かくしてない??

いてて。あい。ごべんばぱい。
Posted by かずみん。 at 2006年09月15日 19:10
こらっ。
始めるなら始めるって言ってくれyo〜♪

今日も明日も元気に出社、
24歳のちゃむにぃでした 泣


またゆっくり読みにくるー。
Posted by chamunili at 2006年09月16日 21:47
あ、ちゃむにいだ。
おはよー。
ひさしぶりじゃん。

なんも用はないけど来ちゃった。てへ。
Posted by かずみん。 at 2006年09月17日 10:32
ん?じゃあ、また始める??

なんて、いたずら心がむくむく♪
Posted by 新田さん at 2006年09月17日 23:06
新田さま、HxSさま、ずる過ぎますよ。

こんな変化球投げられたらオイラは太刀打ちできません;;

今回のイベントに全く対応できなかったのは痛い;;
Posted by 富蔵幣造 at 2006年09月18日 06:26
富蔵幣造 様


次回をお待ち下さい。フフフ…。


ニッタン 様


次回で続ける?フフフ…。
Posted by かずみん。 at 2006年09月18日 11:02
かずみん。姉さま

磁界は左手のほら、フフフ…。

フレミングの法則!(笑)
Posted by at 2006年09月18日 19:25
凛ちゃん。

ああ。ふわふわのね?フフフ…。

毛皮のコート…??

そりゃ。ミンク!!
Posted by かずみん。 at 2006年09月18日 22:26
かずみん。

ほら、ピンク色の憎いヤツだよ。フフフ…。

そりゃ、フラミンゴの片足の法則!
Posted by 新田さん at 2006年09月19日 00:48
新田さん

ほら、絵画で有名なんだけど辛い人。フフフ…


フラフラのムンクの叫び!!
Posted by at 2006年09月19日 02:06
凛ちゃん

ほら、腰をこうくるっくるっ回して。フフフ…


フラフープか!(ベタベタやんけ)
Posted by かずみん。 at 2006年09月19日 07:20
かずみ。ん

ほら、ようはソーセージ焼いたやつだって。フフフ…


フランクフルト!(フラだけあってりゃいいのか!)
Posted by 新田さん at 2006年09月19日 09:47
かずみん。姉さん

ほら、教会で眠くなって。フフフ…



フランダースの犬!(パトラッシュかぃ!)
Posted by at 2006年09月19日 10:36
かずみん。

ほら、名古屋人が好きなものだって。フフフ...



フライ・エビ!(飛ばないってっ!)
Posted by ももちぇ at 2006年09月19日 12:03
きゃーずみん。

ほら、昨日の夜調子に乗って始めたんだよ。フフフ…


フラッシュ!(たぶんハマる予感・・・)
Posted by 新田さん at 2006年09月19日 12:58
かじゅみん。

ほら、昨日の夜から調子が悪いんだよ。フフフ…


Bダッシュ!(何かもう雰囲気)
Posted by at 2006年09月19日 16:52
B.ダッシュした。

僕は無我夢中で走った。
なぜなら・・・


A.鬼の形相であの人が追っかけてくるから。
B.これ以上トイレを我慢できないから。
Posted by 新田さん at 2006年09月19日 17:46
B.これ以上トイレを我慢できないから。

「ごめん、トイレ…俺、もう我慢出来ない…」
「ごめんね、ごめんね、ニッタン…
でも、もう少しだけ、我慢して欲しい。
そうしたら、必ずニッタンに会いに行くから」
そう言って、トイレは俺の前から去っていった。
トイレ…
俺、このままじゃ…

A.もうトイレとは付き合えないよ
B.他に好きなひと、出来ちゃうかもよ
Posted by at 2006年09月19日 18:48
A.もうトイレとは付き合えないよ

「俺は…もうキミの事待ってられないんだ。
すまない…トイレ…。」

俺はトイレを待つ事を止めた。
そう、非道と罵られても、トイレを裏切る事になっても、もうトイレの事を待つ自分の気持ちを諦めた。

「判ってたわよ。さぁ!来て。」

背後で突然声がした。俺はお尻を抑えながら振り返った。
そこには…

A. ベンキーが優しい目で見ていた
B. カンチョーを持った官庁の役人が立っていた。
Posted by at 2006年09月19日 19:48
えーっと、そこの↑みなさん。
何してんの。笑
Posted by boban at 2006年09月19日 20:07
えーっと、はい。ボブも入ってハイって♪↑↑
おもしろいんだから〜〜!笑


A. ベンキーが優しい目で見ていた。

Posted by かずみん。 at 2006年09月19日 20:38
「きみは…」
「わたしはベンキー。いつも、あなたのことを見ていたの」
いつも?
おいおい、それじゃストーカーじゃねえか。
そう突っ込もうとしたが、俺は突っ込めなかった。
なぜなら…

A.ベンキーの純真な瞳に、思わず吸い込まれそうになったから
B.ベンキーの大胆なアタックにより、バランスを崩して倒れてしまったから
Posted by at 2006年09月19日 22:04
もう、気付いちゃったら止められないんだからー。

A. ベンキーが優しい目で見ていた。

そこには、円らなヒトミのベンキーが。
そうだった。
俺にはトイレに出会う前、ベンキーと過ごした日々があったのだ。
なんということだ、まさかベンキーはずっと俺を待っていたというのか!?
ごめん、ごめんベンキー!

A.俺と、やり直してくれ!
B.オレオ、食べさせてくれ!
Posted by 郁貴 at 2006年09月19日 22:09
ギャー。
麻さん、ごめんなさいー。
ココにきてかぶってしまうなんてショックー。
すいません。

A.ベンキーの純真な瞳に、思わず吸い込まれそうになったから

を選択したことにしてください。
そして、何も無かったように話を進めてください。
Posted by 郁貴 at 2006年09月19日 22:12
A.ベンキーの純真な瞳に、思わず吸い込まれそうになったから

「そ、そんな眼で見られたら…吸い込まれちゃうよ…。
…て、イ、イテテテテ〜〜!!ほんとに吸い込むなぁぁ!!」

A. ブラックホールに吸い込まれそうになった。
B. ブラックボールをぶつけられてラッツ&スターにコラボした。
Posted by 0120の凛々々でGO at 2006年09月20日 05:38
B. ブラックボールをぶつけられてラッツ&スターにコラボした。

ラッツ&スターって誰?
ケツメイシみたいな感じ?
吾輩(わがはい)は猫である。名前はまだ無い。
ってそれナツメ!
あー。ベタベタやんけ。

ってここはどこ?わたしは誰?
ベンキーが気づくとそこには…。
ト…トイレが…

A. 俺と、やり直してくれ!
B. オレオ、食べさせてくれ!
Posted by 0120の爛々爛々ランラン♪ at 2006年09月20日 07:11
B. オレオ、食べさせてくれ!

どうしよう。
トイレの気持ちは分かる。
でも今はベンキーに惹かれてるのも事実。

そうか!


A.自分の気持ちを正直に伝えよう。
B.ベンキー、お前ベッキーに改名しろ。
Posted by 0120ニンニンニンでタッタッタ at 2006年09月20日 08:58
あ、完全にオレオ無視しちゃった(≧▽≦)エヘ←ちょぉ、かわゅぃ〜
Posted by 0120ニンニンニンでタッタッタ at 2006年09月20日 09:03
A.自分の気持ちを正直に伝えよう。

オレオって牛乳に浸せば柔らかくなって…

「チョーーー!!美味しいんだぜ!」
と、何だかその場を誤魔化そうとする気マンマンのニッタンだった。

…あ…無我夢中で走ってたの忘れてた。
塾長のいない事を良い事にしてノビノビやる塾生達は…

A. ニッタンを縛る
B. フリーダイヤルをほんとに廻して怒られる
Posted by フリーダイヤルって便利よね♪な凛 at 2006年09月20日 10:52
A.ニッタンを縛る

オラ!おとなしく縛られな!
塾生たちはみんなでニッタンを縛りはじめた。
縛られ身動きのとれないニッタン。
よし、

A.ニッタンのお口にシソを詰め込む
B.みんな、遊び行こうぜ!
Posted by at 2006年09月20日 11:35

塾長亡き今、ポスト塾長としての期待をひしひしと感じます。

ささ、続けて続けて!
Posted by 新田さん at 2006年09月20日 13:13
「やめてくれっ!シソはシソはトラウマなんだ。」
ニッタンはシソをお口につめ込められながらも、必死に抵抗した。
お口のなかはシソだらけ・・・。
あ、

A.梅を漬けてみようか。
B.うめ(84歳・メス)を憑けてみようか。
Posted by ももちぇ at 2006年09月20日 14:09

ははーん、これが噂のシソプレイか。
あ〜やだやだ。

ささ、続けて続けて!
Posted by 新田さん at 2006年09月20日 16:10
B.うめ(84歳・メス)を憑けてみようか。

洗濯士はこれしかない。

手足を縛られおくちにシソをいっぱい押し込まれて
涙とシソがあいまみえていい感じに仕上がりつつある
ニッタンのことなどすっかり忘れてしまった塾生たち。
いざ進めやキッチン〜〜!!
ちげーYO!!
ふと目の前にそびえ立つ五十重の塔に気がついた!!
おめーたちぃ。おせーYO−!!
おお〜〜っと!!
中に入って逝くのはうめだ〜〜〜!!!
歩くのおせーYO!!
うめさんどちらへ??
五十重の塔へ。と〜〜ぅ!
シャレいってる場合か!!
誰が逝く?誰が逝くんだYO??
全員が押し合いへし合いする中すっと前に出る集団が…。

その名も〜〜!!

A. 塾長の留守を預かることになって「ボク〜変態なんてやだな。」と、ちょっぴりへっぴり腰のボブが加わったド変態スリートップだ〜〜!!

B. ボブとのその後がとっても気になるピチピチボディコンがちょーせくすぃ〜。ボンキュッボゥン♪がご自慢の悶悶キャンディーズだぁ〜〜!!

↓↓(塾長におこられないかちょっぴり心配。)
Posted by (≧▽≦)エヘ←ちょぉ、かわゅぃ〜 at 2006年09月20日 20:06
A. 塾長の留守を預かることになって「ボク〜変態なんてやだな。」と、ちょっぴりへっぴり腰のボブが加わったド変態スリートップだ〜〜!!

「何だって?ここなら普通Bを選ぶんじゃないのか?」
しかし、ここであえて選ばないのが乙なのだ。
なぜなら、ここで悶子を出してしまっては、
完全に悶子に持ってかれてしまう!
でもほんとは悶悶キャンディーズが見たい…という気持ちを抑えつつ、
ド変態スリートップは塾生の前に立ちはばかる。
彼らのあまりの変態ぶりに、次々と精神的ダメージを受ける塾生。
その時だった。

A.ほったらかしのニッタンが構って欲しくて怒ってやってきた
B.変態扱いされたボブが怒って仲間割れ
Posted by at 2006年09月20日 22:16
A.ほったらかしのニッタンが構って欲しくて怒ってやってきた

いやよいやよも好きのうち。
散って花咲くこともある。
されば散りらん、男あり。

愛されて50年。新田見参!!


A.見て見ぬ振りをする。
B.少し構ってあげる。
Posted by ニッタン at 2006年09月20日 22:50
B.少し構ってあげる。

「あ、白波五人男のパクリだ。」

ベンキーはニッタンをチラと一瞥してそう言うとすぐに向き直り、

「…でね、ボブはね、自分から名乗り出たんだよ。
そうするとね、かずと悶子の二人がコンビを組んでね。
HIP-HOPのユニット作ったの。」

HEY-YO!HEY-YO!HEY-HEY-YO!YO!
…ん?

A. ホントのホンの少しだけカマわれたニッタンが登場したままの姿で固まっている。
B. YO-YO-を持ったスケバン刑事、麻宮キャズミンが一喝する。

 「おまんら許さんぜよ!」
Posted by 凛と鳴ったバナビだアイタタだなぁ〜♪ at 2006年09月21日 05:22

A. ホントのホンの少しだけカマわれたニッタンが登場したままの姿で固まっている。

「なんてこったい。こんなことって…。」

うさんくさい台詞で再び登場したお口のなかはシソだらけのニッタン・・・。

「まさかっ!まさかっ!まー…。」

もういい。

やがて、おくちの中で梅干を完成させて
「うーん。上出来♪」としてやったりの表情。
1個100円という無謀な販売に踏み切り完売をめざすニッタン。
梅干は評判が評判を呼び、お殿様から招待状が届く。

A. お城に招待され飲めや歌えの大騒ぎ。大奥にも招待されてよりどりみどりでちょー幸せな気分で踊り明かすニッタンが一言。↓↓

B. YOーYOーを持ったスケバン刑事、麻宮キャズミンが一喝する。

「おまんら許さんぜよ!」
どうにゃるの??↓↓

Posted by まじで迷ったYO!爛々らん♪ at 2006年09月21日 20:58
A. お城に招待され飲めや歌えの大騒ぎ。大奥にも招待されてよりどりみどりでちょー幸せな気分で踊り明かすニッタンが一言。↓↓

「え?俺?違えよ、福山じゃねえよ(笑)」
調子に乗ったニッタンはついうっかりこんなことを口走る。
大奥の女たちはこれに激怒。
よりによって、抱かれたい男No1の男の名前を出すなんて。
ごめんなさい、もうほんとごめん。
必死に謝るニッタン。
しかし、女たちの怒りは収まらない。
「ごめんなさい、もう2度と福山とか言わないから!
だから…」

A.俺ん家来ない?
B.坂口憲二じゃだめですか?
Posted by at 2006年09月21日 22:25
B.坂口憲二じゃだめですか?

「アンタ何ネムたい事言ぅてんねん!!誰が坂口憲二やねん!
アンタはどう見たって坂口征二やん!…てプロレスラーかっ!」
「あのぅ…坂口征二はオレのオヤヂなんですけど…。」

関西人で占められた大奥の女性達の顔色が変わった!

「なななな、何言ぅてはんのん?!そんな事、しし、知ってるわ!
福山や言ぅても『福山通運』とちゃう事も知ってるわっ!
人をアホみたいに言わんといて!…」

A. アホちゃいまんねん!パーデンネン!
B. 澄子はな!これでも国家試験合格に向けて勉強中やねんで!
Posted by 凛@暴走中 at 2006年09月22日 03:08
ぎゃぉ!

今朝は時間がにゃぃ!
いってきまっしゅ。
Posted by かずみん。 at 2006年09月22日 07:06
A. アホちゃいまんねん!パーデンネン!

て、言ってる場合かーっ!
ぜんぜん話しが進んでないじゃないかーっ!喝ーっ!!

そんなことより、


A.パーティー行かない?
B.カバディしない?
Posted by 新田さん at 2006年09月22日 16:44
塾長コメント、
もうすぐ100行くじゃないですかー

よし、これから毎日ムダにコメントぉ(うざい。


って塾長、元気かなぁ。。。
Posted by chamunili at 2006年09月23日 01:49
みんなお休みなんだな?
ニッタンはお出かけだな?
麻ちゃんも凛ちゃんもお出かけか??

うっし。

ここは楽しく。


A.パーティー行かない?

怒りの収まらない大奥の女達をするりとかわし
(さすが!!女殺しの異名をとるニッタンこと
何処でも愛される男、新田!!)

かわし方がうまいぞ!!

ん??
なんてこった。こんなところにボブが捕らわれていたなんて。
大奥のバカバカ。バカカバカバディなんか知らない。
ボブの縛られていたロープを解きながら
「やっと見つけたよ。残すはあと一人。」
って、おいおい?今まで探してたみたいじゃん。
そんな展開だったっけ?
いいの。展開なんか気にしない。

ニッタンとボブは招待状を手に持ち、超〜ちょ〜名残り惜しそうに
大奥を後にするのだった。
「いくよ。ニッタン。ニッタン?ニッタン!」
何度も呼ぶボブであった。

二人が向かう所とはいったい…。

A. 招待状には「早く助けてByモンタン」と書かれている。助けにいかなくちゃ。

B. 聞くところによると塾生のかわいこちゃん達がみんなで集まってそれはそれは楽しいパーティを開いてるらしい。ごっくん。王様ゲームに混ぜてあげてもいいよと悪魔のごとく囁く声が…。
どーする?どーすんのよ?俺たち!!
Posted by 爛々@お久しぶりぶりぶりの照り焼き♪ at 2006年09月24日 18:07
B. 聞くところによると塾生のかわいこちゃん達がみんなで集まってそれはそれは楽しいパーティを開いてるらしい。ごっくん。王様ゲームに混ぜてあげてもいいよと悪魔のごとく囁く声が…。


即決である。
どうやらボブの中の天使ちゃんもあっさり降参したようだ。

だって、かわいさレベルでは関東一を誇る塾生ちゃんとのパーティだもの。
これは行かない手はないっての。

すまぬ。モンタよ!

「おっ、ボビーここみたいっすよ。」
「じゃ、行きますか?」

「ちわー」

すると、そこで待っていたのは・・・


A.塾生一の美女と誉れ高い・・・
B.悶子・・・
Posted by ぶり大明神 at 2006年09月25日 09:35
A.塾生一の美女と誉れ高い…

と言い張っているももちぇだった。
何だよ、ももちぇかよ…
とため息をつくニッタン。
あ〜、大奥に戻りてえ〜。
するとももちぇは怒って暴れ出した!
「何よ!ちょっと胸が大きさが足りないからって、
そんなにがっかりしないでよ!」
別に胸の大きさとかじゃねえよ。
それはまた別の問題だよ。
2人はそれぞれ愚痴るが、なぜかニッタンだけ殴られる。
「もう!ニッタンのバカ!ばかばかばか〜!」
大変だ。
塾一番の美女が内股気味で走って行ってしまったぞ。
塾に花と取り戻すため、ももちぇを追わなければ。

A.ホラ、さっさと行けよニッタン
B.それより、本当の塾一番のかわいこちゃんのとこでも行きますか。
Posted by at 2006年09月25日 18:45
B.それより、本当の塾一番のかわいこちゃんのとこでも行きますか。

え〜〜っ。ももちぇるを置いてっちゃうの??
いや。それはやばいって。まじやばいって。
本気?本気と書いてマジと読む。ふるっ。

いいのか?それでいいんだな?後が怖くないのか?
お前達勇気のかたまりだな?
すげーぞ。尊敬するよ。
んじゃ。後は二人でなんとかしろよな。
うわっ。きたっ。ほらっ。きちゃったじゃんか。

「まちなっ。そこのふたり〜〜ぃ。」

塾一番の美女が内股で戻ってきちゃったぞ。

「店はここじゃないんだから〜ぁ。ほら。連れてってあげるから。ん。」

ん。といって差し出したのは右手。
どうやら握手を…。
んな訳あるか〜〜ぁい!
どうやらカツアゲをしている模様。

よいこのみんなは真似しちゃだめだよ。

しぶしぶ現金を渡す二人。
一人1万円はちょっと高い。
しかし、美女軍団はどこ??
くいっ。くいっ。
ももちぇるがあごで指し示す先にあるのは…。

あ〜〜〜〜!!!あれは???

A. こっ。ここはっ。俗にいうクラブってとこ??その中にすごいメンバーがいるぞ。いいか。よく聞け。塾一番と名高いかわいこちゃんのオール集結だっ。総勢20名のかわいこちゃんは世間の注目の的!どうやら今日はここで集会らしい。ええ〜〜〜??塾一番が20人もいるのかっ。まてまてっ。中心にいるのって??なんであんたがここにいるの?それも割り箸しっかり持って。

B. 真っ暗な路地裏には誰かが潜んでいてもさっぱりわからない。「カチャ、カチャ。」金属音が路地裏から聞こえる。誰かの足音みたいだ。嫌な予感がする。一万円払ってこっちにいくのはいやだよー。Aにしてくれよ。頼むからさ。ね?ねっ??
Posted by @誰をもってくるか真剣に悩んでしまった小心者だい。 at 2006年09月25日 20:15
B. 真っ暗な路地裏には誰かが潜んでいてもさっぱりわからない。「カチャ、カチャ。」金属音が路地裏から聞こえる。誰かの足音みたいだ。嫌な予感がする。一万円払ってこっちにいくのはいやだよー。Aにしてくれよ。頼むからさ。ね?ねっ??

もちろん、そこまで言われたらBだ!

ちっ、ニッタンは追ってこないしボビーもそんな気か。
二万ぢゃ、叙々苑で思う存分食えないぢゃないか!
まぁ、いい。
二人を路地裏に誘い込めさえすれば、私の仕事は終わる。
すべてはあの方に逢わせる為。
私は美人だと、Fカップだと偽ってきたのだ。
全ては彼女に逢わせる為に・・・・・。
彼女とは・・・

A.秋刀魚のはらわたまで大好き、はらわた澄子
B.ハードスケジュールにも負けない、ハードS子
Posted by 塾生一の美女(自称) at 2006年09月25日 23:16
A.秋刀魚のはらわたまで大好き、はらわた澄子

ニッタンとボビーが思ったとおり路地裏に入っていった。

「をぉっほっほっほ!来たわね二人とも!待ってたわよ!」
「だ、誰だ!誰だ!誰だぁ〜!!(ハモリ)」
「くろぉ〜いノ〜ズルの(チャチャチャ!)チャッカマ〜ン!
…ぢゃないわよ!誰がストーブに火をつけるのよ!
あんたのハートを火事にしてやろうかっ!

…ん…アタシ?そう!アタシの事ね!アタシは…

ある時は塾生随一の絶世の美女 ”はらわた澄子”!
まぁ〜たある時は謎の中国人 ”英知恵酢”!
またまたある時は片目のパイロット ”ヘンリー・バツ・シット”!

しかしてその実態はぁ!!

A. 私立探偵 長谷川すぐるん
B. 事実断定 安倍川もちりん
Posted by at 2006年09月26日 08:04
暴走しすぎて名前を入れるの忘れたアイタタでした(汗)
Posted by 凛@暴走中 at 2006年09月26日 08:06
A. 私立探偵 長谷川すぐるん

そう、彼こそが妄想塾・塾長にして、IQ180を誇るじっちゃんの孫、長谷川すぐるなのだ!

路地裏で対峙するニッタボブタと長谷川。
一瞬の隙をも許さないその空間はまるで時間が止まっているようでもあった。

ポツポツ・・・


A.上空から雨が降ってきた。
B.上空から取り残されたモンタが降ってきた。
Posted by 新田さん at 2006年09月26日 11:16
B.上空から取り残されたモンタが湧いてきた。
しかもちっちゃなモンタが大量に。

次から次へと空中に湧き出てくるモンタ。
その目は何故か悲しげに3人を見つめていた。

アスファルトに落ちては積もっていくモンタ。
良く見てみると、そのモンタが一箇所に集まり始めてるではないか。

2匹が4匹、4匹が8匹とだんだん合体して行くモンタ。
数に比例して体積も大きくなって行く。

・・・こ、これは!キングモンタ!!!



A.長谷川の強力魔法でモンタを焼き尽くす。
B.ニッタンのはがねの剣で一刀両断。
C.ボブの見てみぬふり。
Posted by at 2006年09月26日 18:17
↑テヘッ(≧∀≦)ゝ
名前、書き忘れちゃった♪
Posted by satoshi at 2006年09月26日 18:18
テヘッ(≧∀≦)ゝ

てへっ。とかってかわいくいってももうだまされないぞ!!
3択だな?
3択になったんだな?

どーすんのよ。どーすんのよ俺達。
ブロークンユアハートしちゃう??やっちゃう??

選べない。ってか。てへっ。がやりたかっただけ。
次の方選んで。↓↓
Posted by @でたっ。ついにでたっ。テヘッ(≧∀≦)ゝ×A at 2006年09月26日 20:43
テヘヘッ(≧∀≦)ゝ

てか、ブロークンユアハートしたいんだけど、やり方が分からないんだよね。

たしか、渋谷に出向くんだったよね。

Posted by にっテヘッ at 2006年09月26日 22:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。