2005年06月19日

男前田の意地見せたるわ

ユース決勝T進出!!

大熊ジャパンはオーストラリアと対戦。
1点取られもうダメかと思ったが、3戦目にしてやっと出場できた男前田(広島)が意地の一発を決めドロー。
ベナンが負けたことにより勝点が並び得点差で決勝T進出ぴかぴか(新しい)

この3試合での僕の教訓(戦術予想)
前半とにかくボールを回し体力を温存させて相手のスタミナ奪いつつアップ運動、後半主力投入と共に点を取りに行くサッカー。
としか考えられないですよあせあせ(飛び散る汗)
いくらなんでもスロースターターという表現では抑えられないほど、前後半で別のチームになる。
メンバーを見ても、多少ケガなりなんなりがあっても、サブの方が力がある。
水野、前田、森本。
3人ともスーパーサブにする必要性はあるのかな?

まあ突破したからいいですけどね。
ただ、平山くんはフリーでディフェンスも交わして、よ〜く狙って、あド〜ン爆弾みたいなのはもうなしね!
とにかく一戦でも多く戦って経験を積んでほしい。
そして、この先はオランダ戦で後半見せた闘志をぶつけてほしい。
もう一回オランダとやってクインシー封じたら男闘呼だよ!
怪物世界デビューの瞬間を演出してしまったのなら、アトランタの時みたいにロベカルやロナウド・ベベットといった世界のスーパースターを封じた歴史的瞬間もこのチームで再現してほしいもんですぴかぴか(新しい)

最後にウルトラスよくやった!
感動したるんるん
posted by H×S at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー好きな僕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。