2005年06月23日

ベルリンの壁

コンフェデ杯三戦目は世界王者ブラジル。
マスコミの情報とは違い主力を投入してきたブラジル。
マツケンサンバとは違う本格サンバブラジル。
本当に格の違いを見せつけられた。

前半、加地がいきなりのゴール。
オフサイドだったがジーコは納得してないようです。
その直後、カウンターをくらいロナウジーニョのパスを受けたロビーニョのゴールサッカー
もの凄く基本に忠実なシーン。
どこの世界でも王者とは基本ができていて徹底しているものだが、これほどまでに思ったことはない。
そして今度は日本、中村が鮮やかなミドルシュートを決めたぴかぴか(新しい)
これは素晴らしかった。
そして前半のフィニッシュはやはりロナウジーニョサッカー
ボランチとディフェンスの狭いスペースに飛び込んでダイレクト。

後半、大黒を投入。
その大黒が中村のFKのこぼれ球を蹴りこみ同点ぴかぴか(新しい)
2−2のドローで終了し日本は敗退となった。

問題はこの結果がどう捉えられるのか?
マスコミが褒めちぎって騒ぐのは置いて、日本サッカーにどう影響するのか?
きっとこの試合が一年後の本番に大きく影響すると思う。
結果だけ見たらブラジル相手にドローはよくやったるんるん
しかし、あんなに余裕を持って流されたんじゃ本気の戦いとは呼べない。
ブラジルはドローに追いつかれたのは日本をなめてた油断。
じゃあ日本にとっては?
いい意味で自信を持てて差を感じてくれてればいいんだけど。
そうじゃなかったら来年痛い思いをする。
そういう結果だったと思います。

まあ収穫もあり課題もありという意味では最高の試合だったけどね。
大黒もこれで先発起用されないようであれば、問題になってもいいくらいの結果は残せたし。
鈴木も出直して来いやと言われずに感じれてよかったでしょう(笑)
しかし、ロビーニョかあ…
前回大会のロナウジーニョと同じ道を歩みそうですね。
僕が出川だったら「やばいよやばいよあせあせ(飛び散る汗)」と連呼してるよ(笑)
posted by H×S at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー好きな僕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。