2005年07月02日

天使の唄と悪魔の妄想

20050702045452.jpg

人間が感じれる五感のひとつ、聴覚。
この聴覚を揺さぶられるような音楽。
僕はそういう音楽にもの凄く惹かれる。
・・・・・・・・・・
誰でもそうか(笑)

明方、いつものように夜な夜な勉強していると、いつものように睡魔に夜這いされ、いつものように夢の中へと引きずられようとしていた。
そんなとき、ブラウン管の中から天使が降臨した。
こんなこと書くと大袈裟な妄想だと思うけど、そのときはそう感じた。
何分間だったのか、僕の目は確かに釘付けになり、僕の聴覚はその音楽に揺さぶられていた。

Yum!Yum!ORANGE「Precious days」

正直、聞いたこともないバンド。
なんて読むんだよってバンド。
だけどこれを聞いたとき、JUDY&MARYと出会ったときのような懐かしさとときめきを感じたのです。
普段はソウルロックみたいな熱いパンクしか聴かない。
GOING STEADYや銀杏BOYZ、Hi-STANDARD、thee michelle gun elephant、サンボマスター、ガガガSP、ROSSO。
でも、そういうものとは全く違う温かい陽射しのような感覚に包まれた。
きっとこれはあれだ。
「恋」だな。「恋」。
いや違うな「変」だな。「変」。
変態なんだな僕。変態仮面だ。うん。

てことで探偵に調査依頼して調べないとな。
お願いします名探偵コナン様。
今のとこの調査によると、アニメこち亀のテーマも歌っていたそうな。
嗚呼…両さんかよ。
眉毛つながってるじゃん!
やっぱ恋じゃないな、変態仮面だ。
posted by H×S at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ切れじゃないやい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。