2005年07月25日

ブラックホール

今夜行われました東京ヴェルディ1969VS銀河系軍団レアルですが、思わぬ落とし穴がありました。
前半、小林が飛び出してヴェルディ先制。
ここまではスペイン人もみんな笑っていたのでしょうが、その後ワシントンに追加点を奪われ、山田に更に追加点を奪われ、終わってみれば3−0。
これはレアルやばいでしょう。
銀河系軍団はブラックホールに吸い込まれましたかね?
まあ銀河系軍団なんて安易なネーミングは日本のマスコミが付けたんでしょうけどね。
とりあえず誰が太陽で誰が月なんだろう?
それとも宇宙人ですかね?
鉄道999も走らせるべきでしょうか?
いけません、話が逸れ過ぎて食い込みました。

レアルは見てあきらかに時差で疲れている様子だった。
おまけにケガや病気でメンバーのコンディションは最悪の中の最悪だったんでしょう。
しかも所詮騒いだところで親善試合です。
それでもやはりレアルなわけです。
あれだけの大金叩いて優勝逃すどころか、親善試合とはいえ日本のクラブチームに負けたなんて…
今頃、スペインでは怒り狂ったサポーター達が真っ赤な顔して牛と闘ってることでしょう。
それくらい、やってはいけない敗戦だったはずです。
選手もそりゃ笑えません。
逆にヴェルディは笑いが止まらないでしょうね。
ある意味、試合観てて裏切られました(笑)

しかし、ヴェルディはこのチーム状態でリーグで下位とは思えないですね。
一昔前とは違って、順調に若手が育ってるチームだとは思います。
でも、レアルに勝つとはね…
きっと、今夜はレアルはベストイレブンでフォーメーションを作り上げ、夜の街で憂さ晴らしに相当豪快なゴールの山を築くことでしょう。

なんか今夜のレアルは同情してしまうほどでした。
だから一言、言わせてもらいます。

ロベカル…


強盗に逢うなよ!
posted by H×S at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー好きな僕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。