2005年08月01日

日本発狂

とうとう東アジア選手権が始まりました。
そして、早速…
ジーコをやっちまいな!
なんて言われそうな日本VS北朝鮮の試合でしたね。
あまりにも不甲斐無い試合だったわけですが、僕は何故かあまり腹が立たない。
いや北朝鮮に負けたことは腹は立ってるけどね。
でも、勘違いしてしまった選手やスタッフ、サポーター、サッカー協会を引き締めるという意味では一番今負けたくない相手に負けたことは効果があるんじゃないかなと。

遡ればコンフェデレーションズ杯。
ブラジルとの引き分けに満足し、予選リーグ敗退ということを忘れ去られたあの時。
日本は確実に力をつけてきている。
でも、あくまで発展途中で強豪国との差は大きい。
そんな中で油断してしまっては格下にも負けてしまう。
これがW杯じゃなくて良かったと思う。

実際、アジアは世界で今注目されている。
多くの選手が欧州に渡ってプレーをし、カタールなんかでは有名選手を国内リーグに招いて力を身につけてたりするわけです。
アジア王者とはいえ、決して侮れない相手達。
その中で王者でいることが間違いなく日本を強豪国へと導くんじゃないかなと。
そしてその過程で自惚れてはいけないんじゃないかなと。
FIFAランク10位圏内、W杯ベスト8以上が今の目標なわけだからね。

この試合を見て思ったこと。
新しい戦力が出てきたわけですが、彼らはいい動きをしてました。
何より代表定着、海外進出、いろいろな目標がそれぞれあると思いますが、その気持ちがゴールに勝利につながるんだと思うんですよね。
意欲が薄い選手は新しい選手に変えればいい。
刺激されるものもいれば、落ちぶれるものも出るでしょうが、そうすることで絶対に強くなるはず。
いっそのことスタメン総変えもありでしょうね。
次の試合、ジーコがどう動くか楽しみです。
そして、残り2戦全勝して王者の風格を見せてほしいですね。
posted by H×S at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー好きな僕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。