2005年08月18日

ミステリアスジーコ

W杯最終予選最終戦、日本はイランと戦い2−1で勝利。
見事、予選1位で通過となりました。

でも、僕は疑問に思ったことがある。
どうしてメンバーを戻してしまったのか?
昨日の試合は勝ち負けはあまり意味の無い試合で、実際イランは海外組の主力は外してある。
日本も海外組は外してはいるものの、ホームで戦ってきた国内組の主力フルメンバー。
これじゃ負けたら評価を下げるだけで勝って当たり前になることはわかってたと思うんですけどね。
東アジアで負けたから絶対勝たなくてはいけないという状況はあったとは思いますが、現実的にはW杯で勝つためのチーム作り・新戦力起用のほうが重要だったんじゃないかなと思う。
解任されたくないために、挑戦ではなく安泰という道を選んだジーコにひどくショックでした。

試合に出てたメンバーはさすがに危機感持ってプレイしてる選手が多かったし、やはり総合力は日本のほうが上ですね。
加地の初ゴールも大黒の久々ゴールもいい展開だった。
結果を出した選手達はよくやりました。
ただ、例えば中沢。
彼は今アジアレベルではトップクラスのDFです。
昨日出なくてもみんな認めてるし、休ませてあげてよかったと思う。
小笠原だって正直好きな選手じゃないけど、Jでは存在が違うほどの選手。
代表で結果も出してるし、ケガやコンディションを崩さない限りジーコジャパンでは軸。
もっと試すべき選手はいたと思う。
そんなに昨日の試合はジーコにとって勝たなくてはいけなかったんでしょうかね?

負けていい試合という意味ではなく、新たな戦力・可能性を見つけて、そして勝つ。
これが僕の期待していたものだったんで、ちょっとがっかりです。
ていうよりも日本が更に強くなるには、結局海外移籍して個人の能力を高めるしかないのかなって思っちゃいました。
その割には大久保も松井も代表に呼ばれないですけどね。
もうサッカー協会わけわかりません。
それでもサッカー好きだから試合を見続けるしかないわけです。
あぁ〜もう、あやふや!
posted by H×S at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー好きな僕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9605683

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。