2005年09月18日

考えるヒトコマV

おはようございます。
居酒屋で馬刺しを頼んだら、めっちゃ薄切りでもてなされたH×Sです。
あれは薄すぎでした。
馬じゃなくてポニーだったのかな…

え〜、9月も半ばということで、そろそろ例のコーナー行ってみたいと思います。
はい、川柳です。
今回はここを襲撃することにしました。

ボウリング川柳コンテストぴかぴか(新しい)

ボウリングをテーマに川柳(5・7・5)を考えて、応募してちゃっかり賞金ゲット!世の中にアピールしようという趣旨でございます。
締切が近いんで参戦する方はお早めに。

では、今回のネタです。

「ボウリング 全力投球 肩脱臼」
おじいちゃん、そんなはりきらないで…

「ターキーを 出した直後は ガーターに」
いつもこうです、ええ何か?

「マイボウル ちょっぴり重くて 投げきれん」
あっちゃんカッコイイ〜武勇伝武勇伝デンデンデデンデン♪

「まったりと ゆっくりまっすぐ ストライク」
女の子って投げれな〜いとか言いつつ、うまかったりするからショックです…

「やけくそに 投げたら隣で ストライク」
だいたいそういうときって恐いお兄さんが隣ですから。

「おじさんの 額の汗と 落ちるヅラ」
がんばっていきまっしょい。

「豪速球 本性現す HG」
ガーターフゥ〜〜〜〜!!

「HG 相方どうした どこにいる」
コタツでフゥ〜〜〜〜!!


なんか途中からハードなネタに変わっていきましたが、これで今回も挑戦です。
賞金25万ごちになります。
入賞できそうにもないですけどね。
審査員の基準ぶち壊してやります!
posted by H×S at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 考えるヒトコマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。