2005年11月05日

ナビスコカップ2005〜ファイナル〜

今日はナビスコカップファイナルです。
数々の死闘を潜りぬけ決勝まで上り詰めたのは、ジェフユナイテッド千葉とガンバ大阪。
予想通りファイナルにふさわしく、熱く熱く燃える男達の戦いが繰り広げられたのでした。

ジェフの方は、ほんとここ数年で強いチームになりましたね。
主力が毎年移籍するなかで、これだけのパフォーマンスができるということは、本当にチームとして力をつけている証でもあるし、オシム監督の育成というものがどれだけ素晴らしいかが伺えます。
守備では必ず数的優位に、攻撃に転じれば積極的なオーバーラップ。
サブには切り札も残し、ジョーカーが出てくる湧いてくる。
全員で戦っとるのですよ!
うん、ここ熱くなるとこじゃないね。

ガンバの方は、適材適所というか、必ず一列に一人要がいる。
浪速の切り込み隊長・二川、浪速の司令塔・遠藤、浪速のリベロ・シジクレイ。
うん、浪速つければいいってもんじゃないね。
ここに主砲アラウージョ、大黒様、フェルナンジョーニョの三人と主将宮本が加われば最強の一族が出来上がるわけです。
僕は地味に山口や橋本がよく支えてる、影のMVPだと思う。

試合の方ですが、前半、ジェフがガンバの猛攻をうまく交わしました。
この時点で僕は、後半先に点を取った方が勝ち、1点勝負の試合になると思ったわけです。
後半、ガンバがリズムを掴めずにいるなか、オシム動きました。
フィールドの魔術師・水野投入。
彼は魔法が使えます。
最大MPが少ないのが弱点ですが、威力は×-GUNです。
水野のキレドリブル、キレパス、ガンバディフェンスをキレさせるほどの猛攻。
そして後半ロスタイム、汗をかかせたら天下一品、男の中の男、巻がゴール。
終わった…と、見せかけてファウルでした。

結局、勝負はつかず延長戦へ。
誰ひとり手を抜かない、ゴール前の攻防の嵐。
足がつっても走り抜け、あごが割れても引き裂いて、全身全霊喧嘩上等。
両チーム気力の戦いは120分でも決着がつかず、勝敗の行方はPK戦に委ねられました。

サッカーの神が下した審判は…ジェフユナイテッド千葉!

でも、ガンバもよくやったよ。ナイスファイト、ナイスゲームでした。

そして…巻…おいしすぎる…
posted by H×S at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー好きな僕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9927866

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。