2005年04月27日

スウィートハニーエピソード

20050427054548.jpg

なんかここんとこ不眠症入っちゃってるH×Sです。どうも。
全然、寝れる環境なのにまったく何やってんだか…
おかげで気力を失い、勉学に励むことをあきらめ、想い出BOXをガサガサとあさり、辿り着いた先は青春時代を捧げて聴いていたJUDY&MARY。
おおっ!懐かしい!!
と思ったのも束の間、持っているアルバム計6枚完聴です。
ちょっとやりすぎたかな。
でも、本当に懐かしかった。

出会いは忘れもしない高一の冬、「ORANGE SUNSHINE」が出た頃でした。
VоのYUKIの歌声と美貌に惚れ、YO-KINGに奪われるまでの数年間。
思えば長かったもんだ。
とにかくおまえバカかってぐらい聴きまくりでした。
通学時はウォークマン片手に熱聴。
帰宅時もウォークマン電池切れまで熱聴。
気が付けば、ここどこ?ってぐらいまでチャリをこいでました。
いろんな音楽聴けばいいのにジュディマリ一筋。
そう、あの頃は一途な男の子だったのよ。
恋に恋する男の子だったのよ。
ちょっと違うか…
でも、売れてしまったときは妙に寂しかったな…
僕の童貞返せぐらいな勢いだったね。
すいません、YUKIさん、嘘です。

彼女の何が良いってロックな女性だから。
この頃からだなぁ、ロックなコには釘付けにされっぱなし。
理想と現実はおいといて、振りまわされっぱなし。
ぱなしぱなし高橋名人。
おかげでここまですくすくと育っちゃいました。
う〜ん、なんかちょびっとセンチメンタル。
暴れちゃいますか。
いっときますか。
あるあるさんの探険隊呼んじゃいますか。
あるあるさ〜ん!!
小・学・生・から・Z会!?
ハイ!ハイ!ハイハイハイ!!!
posted by H×S at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ切れじゃないやい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

エピソードなわけですよ

20050422201242.jpg

最近、おもしろい映画に出会えてない。
これはやばい!
と思って、いろいろ見てもことごとくなんかつまらない。
なんでだろう?
スッキリしようとアクション見れば、中途半端。
なんでだろう?
感動したいとドラマ・恋愛もの見れば、味気ない。
なんでだろう?
じゃあもうギャング映画しかないっしょ!と見れば、シャレにならんくらいつまらない。
なんでだなんでだろう?
テツ&トモはどこ行ったんだろう?

思えば、レンタルするにも適当に選んでるからかなぁ。
そこで、もう一回『ニューシネマパラダイス』鑑賞。
うぅ〜、やっぱいいわけですよ!
これは最高なわけですよ!
ラストがジ〜ンとくるわけですよ!
サンボマスター口調だとなんでも熱く聞こえるわけですよ!!

はい、すいません。
とにかくこの映画シンプルな感はあるわけですが、監督の想いというものが作品を通して感じるような錯覚にも陥るわけです。
脚本も良く、演出も良く、音楽も良く、演技も良いわけです。
ジャパネットたかた風に言えば、これだけ付いててたったの○○○○円!
安い!みなさん、お・か・い・ど・くですよ〜
ジャ〜パネットジャパネット〜ってなるわけですよ。

劇場版とオリジナル版がありますが、同じようで実は全然印象が違い、どちらも楽しめる内容になってるわけですよ。
できれば、劇場版から見てオリジナルを見るというのがより面白い見方だと思われます。
とにかくこれは個人的には名作です。
できれば見てほしいわけです。
posted by H×S at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ切れじゃないやい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月12日

桜の花道エピソード

20050404213857.jpg

この春、二組のカップルがめでたく式を挙げました。
A夫妻、H夫妻。
このエピソードは二組の新郎新婦に捧げます。
更なる飛躍と幸福をお祈りします。


Y.Aさん、かれこれ随分と付き合いも長くなりました。
思えば、お互いいろいろありました。
取り巻く環境もだいぶ変わり、苦難も随分あったでしょう。
でも、弱音を吐かずに(たまには愚痴もありましたが(笑))乗り越えてきたことは尊敬にすら値しますよ。
努力の賜物だと思っています。
今年、出産なのかな?
仕事との両立はたいへんでしょうが大丈夫!君ならやれるよ!

T.Aさん、僕から言うことは何もありません。
ただただ、Y.Aさんを想ってくれればと思います。

M.H(夫)さん、あなたから僕は体の張り方教わりました。
もちろんそれ以外もですが。
天然なのか純粋なのか紙一重ですが、人望は言うまでもないと思います。
できればデートを増やすと風当たりも良くなりモアベターな生活になると思われます。
式での姿は男らしかったです。

M.H(奥)さん、宣言どおりでした。
当日、ちょっとびっくりでした。
やっぱやるときゃやる人だと思いました。
あのチームだとミネフジコ的存在なんだと思いますが、できれば僕の前ではともかく後輩の前では、旦那様にツッコミいれるときはスポンジで洗うようにしてしてくれるとモアベターです。
いつもはちょっとスポンジではなくタワシ入ってますから。
まあなんだかんだ言ってもお似合いなお二人だとは思いますけどね(笑)


個人的祝福になってしまいますが、個人的名曲を贈りたいと思います。



You and I , now and forever....
You and I , now and forever....

今は苦しくても 今は悲しくても
君がいるから そばにいるから 僕にはなんでもできる

雨にうたれても 風にふかれても
君がいるから そばにいるから 僕にはなんでもできる

今は苦しくても 今は悲しくても
君がいるから そばにいるから 僕にはなんでもできる

あの青い空は僕らの空
あの青い海は僕らの海
かけがえのない君と僕はどこへ行くのか

君と僕は永遠に 手と手つなぎどこまでも
尊い君よ ぬれた枕よ 限りない喜びよ

You and I , now and forever....
You and I , now and forever....

きらきら光る星空の下
遠く君ははなれていた
さけんでみたよ さけんでみたよ 君の名前

君と僕は永遠に 手と手つなぎどこまでも
尊い君よ ぬれた枕よ 限りない喜びよ
限りない喜びよ
限りない喜びよ

You and I , now and forever....
You and I , now and forever....
posted by H×S at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ切れじゃないやい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月08日

魂の共鳴エピソード

20050408013001.jpg

GOING STADY

このバンドと出会ってもう数年、彼らはこの音源を最期に新たな旅立ちに出た。
そして、この作品はタイトルどおり彼らの青春時代なのだろう。
もともと出会いのきっかけは後輩の紹介だった。
そして、いつしか欠かせないものとなった。
いまでは生きる支えのひとつにまでなっている。
なかでも、『駆け抜けて性春』
この曲を聴いたとき、電流が走った。魂が奮えた。
もはや演奏というレベルではなく魂の叫び。
全身の血が沸騰し、音を媒体に一体化する感覚。
初めての体験だった…

このバンドと同じ時代に生きたことに感謝。
このバンドと出会えたことに感謝。
このバンドを教えてくれた後輩に感謝。


<駆け抜けて性春>

終わることのない恋の歌で全て消えて失くなれ
烈しく燃ゆる恋の歌で 夜よ明けないでくれ
ウォォウォォウォォウォォウォォッ

生まれて初めての唇づけは永久西の空を
恥ずかしいくらいに真黄色に染めた!!!
ウォォウォォウォォウォォウォォッ


あなたがこの世界に一緒に生きてくれるのなら
死んでもかまわない あなたのために ああ嗚呼!!!

星降る青い夜さ
どうか どうか声を聞かせて
この街を飛び出そうか
強く 強く 抱きしめたい 強く 強く 強く
ウォォウォォウォォウォォウォォッ

あなたがこの世界に一緒に生きてくれるのなら
月まで届くよな翼で飛んでゆけるのでしょう
posted by H×S at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ切れじゃないやい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月07日

ニャニャニャエピソード

B000093OOX.09._OU09_PE0_SCMZZZZZZZ_

【木更津キャッツアイ 日本シリーズ】
監督/金子文紀
脚本/宮藤官九郎
音楽/仲西匡
出演/岡田准一、櫻井翔、岡田義徳、佐藤隆太、塚本高史

き〜さ〜ら〜づ!
ニャーニャーニャーニャーニャーニャニャ!

最近、深夜になるとよくやっている木更津キャッツアイ。
お気に入りのドラマのひとつで何度か見たこともあったが、実は日本シリーズだけは見たことがなかった。
そんなわけで、昨夜のテレビで初めて見た。
内容は期待通りのバカバカしさ!憎いほどのハマる演出!
ドラマに出てきたゲスト達が出てなつかしくもあり、新たな息吹も吹きこまれ仕上がっている。

わかる人はわかってたかもしれないけど、実はこのブログのテーマというか目標のひとつが木更津キャッツアイなのです。
くだらない、バカバカしい、でも居心地最高。
まだまだ到達できるレベルではないですが。

こいつらはどこにでもいそうなやつらという親近感。
そして本気でバカやって、本気で悩んで、本気で当たって…だからこそ本気で笑える。
社会に出るほど忘れてしまいがちなもの…でも、それが実は一番大切なもの。
それを持ってる。
変化球を覚え出すとよくないよね、かわすことばっかり覚える。
何も考えずに全力直球勝負、気取らずに思うままに普通に過ごすのが僕は最高に感じる。
最高の仲間と最高に楽しく。
笑いの絶えない人生過ごしてますか?
posted by H×S at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ切れじゃないやい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。